ノンブル

精選版 日本国語大辞典「ノンブル」の解説

ノンブル

〘名〙 (nombre 番号の) 印刷のページ物組版で、その順序を表わすためにつける数字のこと。ページノンブル。〔舶来語便覧(1912)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ノンブル」の解説

ノンブル(〈フランス〉nombre)

印刷用語で、雑誌・書籍などのページの順序を示す数字。ページ番号。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のノンブルの言及

【活版印刷】より

…縦組みでも横組みでも,ゲラに並べるときは各行が水平となる。文選作業で拾っていない字,たとえばサイズの違う見出し文字,句読点,挿絵の線画凸版や写真版,表組みにおける罫の作成はもちろん,行間,段落,ノンブル(ページ数)などもすべてこの段階で組み入れる。欧文では,2枚の活字ケース(上方に大文字,下方に小文字を入れる)を植字台に並べ,植字用ステッキに活字を拾いながら,込物,インテルを組みこみ,文選と植字作業を同時に行う。…

※「ノンブル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報