コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイデルベルク綱領 ハイデルベルクこうりょうHeidelberger Programm

1件 の用語解説(ハイデルベルク綱領の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイデルベルク綱領
ハイデルベルクこうりょう
Heidelberger Programm

第1次世界大戦後ドイツ社会民主党ハイデルベルクで採択した綱領。 1921年に同党はゲルリッツ綱領をつくって再出発したが,22年にドイツ独立社会民主党と合同したため,新綱領をつくる必要を感じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のハイデルベルク綱領の言及

【ドイツ社会民主党】より

…こうして体制内存在となった同党は,21年のゲルリッツ綱領で民主共和制と自由の擁護を前面に押し出したのである。翌年,USPD(その左派は20年にKPDと合同していた)の大部分がSPDに復帰し,新たに同党の左派となり,25年のハイデルベルク綱領ではエルフルト綱領のマルクス主義的社会分析が復活したが,改良主義的な党の性格は変わらなかった。その性格は自由労働組合の実質的な発言権の増加によりいっそう強固なものとなっていた。…

※「ハイデルベルク綱領」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone