コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

党大会 トウタイカイ

デジタル大辞泉の解説

とう‐たいかい〔タウタイクワイ〕【党大会】

政党に所属する国会議員と都道府県組織の代表(代議員)によって構成される、政党の最高決定機関。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

党大会

中国共産党全国代表大会略称で、党規約改正など党の基本路線を決定する。近年は5年に1度開かれており、来年は第18期党大会。約1年前から模範党員2千数百人の代表選出が全国で始まる。大会で選出される中央委員会の第1回全体会議で総書記などの新指導部が決まる。

(2011-10-20 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

党大会の関連キーワード予備選挙(presidential primary election)オフセーエンコ・V. アントノフベトナム共産党と改革開放政策全国党大会[アメリカ合衆国]米大統領選の指名候補者選び中国共産党中央委員会全会コンスタンチン ルサコフ共産党中央委員会全体会議共和党全国大会の決選投票ゲオルギイ アルバートフオーストリア社会民主党ニコライ シュベルニクアルペン バークレー中国共産党の権力構造リンドンBジョンソン自民党の両院議員総会リーフェンシュタール朝鮮労働党代表者会全連邦共産党協議会自由民主党総務会

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

党大会の関連情報