綱領(読み)コウリョウ(英語表記)program

翻訳|program

デジタル大辞泉 「綱領」の意味・読み・例文・類語

こう‐りょう〔カウリヤウ〕【綱領】

物事の最も大切なところ。要点。眼目。
政党労働組合などの団体の政策・方針などの基本を示したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「綱領」の意味・読み・例文・類語

こう‐りょうカウリャウ【綱領】

  1. 〘 名詞 〙
  2. [ 一 ]
    1. 物事の主要なところ。要点。眼目。こうれい。
      1. [初出の実例]「一 学衆器要評定追加法度事〈略〉如此事以綱領沙汰之条」(出典:東寺百合文書‐ム・応安六年(1373)一二月学衆方評定引付)
      2. 「これ等の事を理する、独り綱領を綜(すぶ)るのみならず」(出典:西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉九)
      3. [その他の文献]〔魏志‐陳矯伝〕
    2. 政党、労働組合など、ある組織において団体活動のよりどころとなる基本方針。その主張、目的、政策、あるいは実践の規範などを示したもの。
      1. [初出の実例]「根本律法は惟国制の大綱領を掲ぐる耳」(出典:泰西国法論(1868)〈津田真道訳〉四)
  3. [ 二 ] 奈良・平安時代、貢物を京に運送する責任者。国司史生郡司あるいはその子弟、または有力者がこれにあたった。
    1. [初出の実例]「諸国綱領郡司等、任意相替正身不参」(出典:類聚三代格‐七・延暦一五年(796)六月八日)

こう‐れいカウ‥【綱領】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「れい」は「領」の漢音 ) =こうりょう(綱領)[ 一 ]
    1. [初出の実例]「其後法流彌(いよいよ)盛にして、一朝の綱領(カウレイ)四海倚頼たりしかば」(出典:太平記(14C後)一五)
    2. 「性を知るは学問の綱領(カウレイ)なり」(出典:都鄙問答(1739)一)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「綱領」の意味・わかりやすい解説

綱領 (こうりょう)
program

一般に政治組織・党派の目的とそれに至る筋道を定めた文書をいう。政治組織はみずからの存在理由と趣旨とを簡潔に表現した文章をもつことが多い。歴史的には体制変革をめざす政党,とりわけ科学的社会主義をかかげる政党が緻密な党綱領を作成し,これによって党建設を行ってきた。これに対し保守主義政党や非宗教的中間政党のように特定の世界観を基礎としていない場合には,一般的かつ抽象的な綱領をもつにとどまることが多い。国際的には,マルクスの《共産党宣言》(1848)が共産主義者同盟の綱領草案として有名であるが,ドイツ労働運動ではゴータ綱領(1875)やエルフルト綱領(1891)といった文書が採択された。またソ連共産党では,革命後,プロレタリア独裁の任務を定めたボリシェビキの綱領(1919)や,共産主義への前進をうたったフルシチョフ期の党綱領(1961)がある。とくにコミンテルンは第6回大会(1928)で世界綱領を作成したが,これをもとに日本の共産主義運動のテーゼ32年テーゼ)で天皇制打倒を提示したことが,日本共産党と労農派の対立を深め,戦後の日本共産党と日本社会党の併立の淵源となった。社会党は1955年に統一社会党綱領を採択し,その後綱領的文書《日本における社会主義への道》を作成して,平和的社会主義革命をめざすことになったが,共産党は61年綱領で,民族独立をめざす人民民主主義革命を目的とするに至った。一方,自由民主党は3ヵ条からなる綱領をもつが,革新政党とは異なり,それは政治的意味をほとんどもっていない。またアメリカの民主党,共和党はそれぞれに綱領をもっているが,表現こそ異なれ,その内容にあまり相違はない。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

普及版 字通 「綱領」の読み・字形・画数・意味

【綱領】こうりよう(かうりやう)

綱要。〔三国志、魏、陳矯伝〕子、(陳)本嗣(つ)ぐ。郡守九位す。在る綱領を操り、大體を擧げ、能く群下をして自ら盡さしむ。統の才り、小事を親(みづか)らせず。

字通「綱」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「綱領」の意味・わかりやすい解説

綱領
こうりょう
party platform

大衆団体や政治団体、とくに政党の基本的立場や目標、実現の方法、基本政策、当面の要求、組織などを定めた文書。綱領は一般に結社の最大公約数的一致点を示し、できるだけ多数の支持を獲得するため、具体的でないものが多い。また、結社の存在理由を明示し、一般大衆に印象づける必要性から、簡潔明瞭(めいりょう)なものが好まれる。とくに、保守党の綱領は抽象的な項目の列挙に終わる傾向が強い。これに比べて、革新政党の綱領は運動の戦略・戦術まで詳しく展開したものが多く、とりわけ共産主義政党は、終極目標を示す最大限綱領、その過程の段階的目標を示す最小限綱領、当面の要求を示す行動綱領を厳密に規定している。綱領は、一面では世論を反映するとともに、他面では積極的に世論を形成する要素ともなる。1875年ドイツ社会主義労働者党のゴータ綱領、1891年ドイツ社会民主党のエルフルト綱領、1959年のバート・ゴーデスベルク綱領などがよく知られている。

[五十嵐仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「綱領」の意味・わかりやすい解説

綱領
こうりょう
program

政党や大衆団体などの基本目標,当面の要求,これらの実現の方法,組織などを規定した文書をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の綱領の言及

【綱丁】より

…律令制のもとで調庸物や舂米(しようまい),封戸(ふこ)からの輸納物などを京まで運送するときの宰領をいう。国司・郡司がこれにあたるときはとくに〈綱領〉と称した。《延喜式》によれば,米であれば,300石以上は国司の史生(ししよう)以上,それ以下では郡司およびその子弟ならびに富裕な百姓などが携わるという原則が定められている。…

【プログラム】より

…音楽,演劇,映画用語。プログラムという言葉は,本来,演奏会で演奏される曲目構成やさまざまな舞台芸術の公演における上演演目,上演次第,あるいは映画館での番組などを指す言葉であるが,日本のこれらの分野で定着した〈プログラム〉という言葉は,それよりもむしろ,演奏曲目とその周辺情報,あるいは上演(上映)演目とその周辺情報などを載せた小印刷物(英語ではチラシ,ビラの形態のものも含み,この意味ではplaybillともよばれる)を指すことが多い。…

※「綱領」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android