コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイパーバイザー はいぱーばいざー

2件 の用語解説(ハイパーバイザーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ハイパーバイザー

ハイパーバイザーは、ハードウェアの仮想化を実現する低レベルソフトウェア。動作に特定のOSを必要とせず、ハイパーバイザーの組み込みだけで、複数OSを動かす仮想環境を実現できる。こうしたハイパーバイザーを採用した仮想ソフトウェアは、ハイパーバイザー方式と呼ばれ、ハイパーバイザーが非常に小さなソフトウェアでありコンピューターメモリーを消費しないことが特徴で、近年の仮想化ソフトウェアの代表的なものとなりつつある。半面、ハイパーバイザーは、仮想環境を実現するだけで、その管理のためのツールを内包していない。そのためのツールがバーチャルマシンモニター呼ばれるソフトウェアであり、近年では、リモートで動作させるバーチャルマシンモニターにより、目的のコンピューターのハイパーバイザーをコントロールできるものが主流となっている。技術的には、ハイパーバイザーはコンピューターのBIOSとOSの中間層に位置し、上位に組み込まれた複数のOSに対し、CPUの処理の割り振りや、競合するハードウェアを調停し、あるいは仮想化した周辺機器を提供する。これにより、1台のコンピューター上で複数のOSを同時に動作させるという、本来では不可能な環境を実現する。なお、デスクトップ用の仮想化ソフトのように、用途によってはOS上で動作するハイパーバイザー方式の仮想化ソフトや、管理ツールがOSに依存しているためOSの組み込みを必須とするハイパーバイザー方式の仮想化ソフトウェアもある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ハイパーバイザー(hypervisor)

複数の仮想マシンを並列して稼働させるためのソフトウエアの総称。狭義には、ハードウエア上で直接動作し、複数の仮想マシンで異なるオペレーティングシステム(OS)が動作するものを指す。広義には、主となるOS上で複数の異なるOSを動作させるソフトウエアも含まれる。仮想マシンモニター。バーチャルマシンモニター(VMM)。仮想化OS

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイパーバイザーの関連キーワードHyper-VXenサードパーティーハイパーアートスーパーバイザーアカウントスーパーバイザーコピースーパーバイザーハイパーバイクハイパーハイグリック土壌ハードウェアインターフェース

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハイパーバイザーの関連情報