ハウラー橋(読み)ハウラーバシ

デジタル大辞泉の解説

ハウラー‐ばし【ハウラー橋】

Howrah Bridge》インド東部、西ベンガル州を流れるフーグリ川にかかる橋。州都コルカタハウラーを結ぶ。1943年に建造された鋼鉄製のトラス橋。全長705メートル。川の流れを妨げないよう、橋脚を設けていない。慢性的な渋滞で知られ、1992年に第二フーグリ橋が造られた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android