コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フーグリ川 フーグリがわ Hooghly

2件 の用語解説(フーグリ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フーグリ川
フーグリがわ
Hooghly

インド北東部,ウェストベンガル州を流れる川。別綴 Hūgli。ガンジス川の最も重要な分流。全長約 260km。ガンジス川下流右岸から分流し,広大なガンジス川デルタの最西端をほぼ南流し,ベンガル湾に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フーグリ川
ふーぐりがわ
Hooghly

インド北東部、西ベンガル州を南北に流れベンガル湾に注ぐ川。全長193キロメートル。18世紀終わりまでガンジス川の本流であったバギラティ川Bhagiratiの下流にあたり、ガンジス・デルタの西縁を限る。16世紀の前半からオランダフランスイギリス各国の東インド進出の基地がこの川に沿って築かれた。両岸は工業化が進み、西ベンガル州の人口の約半分はこの地域に集中する。河口から100キロメートル上流にあるコルカタカルカッタ)まで外航船が航行可能であるが、急速な土砂の堆積(たいせき)のため航路の確保も困難となり、コルカタ港の機能の低下もあって、河口に大型船のためのハルディア港が建設された。[中田 高]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フーグリ川の関連キーワードダージリン尼連禅河ベンガル文学ベンガル分割令ベンガル山猫ベンガルールウエストベンガル西ベンガル西ベンガル[州]ウェストランド種 (Westland)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone