コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナビラダカラ ハナビラダカラCypraea annulus; gold ringed cowry; ringed money cowry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナビラダカラ
Cypraea annulus; gold ringed cowry; ringed money cowry

軟体動物門腹足綱タカラガイ科。殻高 3cm,殻径 2.2cm,背腹径 1.5cmに達するが,殻高 1cm未満で成貝となる個体もある。背面はふくらみ,灰白色,平滑で光沢があり,左右側の細い朱色の線が合してほとんど輪になるようにある。腹面は白色,平らで,殻口は狭くて前後に長く,その縁に刻みがある。房総半島以南,日本海では男鹿半島以南,熱帯太平洋,インド洋に広く分布し,潮間帯岩礁サンゴ礁の転石下や岩のすきまに多い。古くはキイロダカラとともに貨幣として用いられたという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android