コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光沢 コウタク

デジタル大辞泉の解説

こう‐たく〔クワウ‐〕【光沢】

光の反射による、物の表面の輝き。つや。「磨いて光沢を出す」
仏語光明のめぐみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

光沢【こうたく】

物体表面の物理的性質で,対応する心理的属性を〈つや〉とか光沢感と呼ぶ。主として光を正反射反射)する程度で決まり,紙・塗料などではこれを測定して光沢の規格を定めるが,実際には,正反射光と散乱反射光の強さの比,正反射像の鮮明さ,表面のざらつき模様などが強く影響する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうたく【光沢 gloss】

つやのある物体を見るとき,その物体の形や色など物体そのものを見るほかに,その物体に他の物体がうつった像も見ている。はっきりと強い像がうつるものは〈つや〉の高い物体で,像のうつらないものはつやのない物体である。つやと同じような意味の言葉に,〈光沢〉という言葉がある。写真の印画紙などのぴかぴかした感じのつやのあるものを光沢面と呼んだり,反対につやのないものを無光沢と呼んだりする。つやまたは光沢は,物体からの反射光の性質を表すものでなく,光の反射に関係した物体表面の性質を表すものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうたく【光沢】

なめらかな表面が光を受けて発する輝き。つや。 「 -がある」
仏の光明に照らされて救われること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

光沢の関連キーワードハイドロタルカイト(データノート)カルノー石(データノート)ゲリトポステリナイト炭クジャク石(孔雀石)アイボリーペーパーダイヤモンド光沢ノングレア液晶ニッケルめっきネイルエナメルフェロタイプブロマイド紙クラレインカブトムシ鵜の目硫黄グロッシーシャイニーグレア液晶非金属光沢グリッターガラス光沢

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光沢の関連情報