コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナフノリ

2件 の用語解説(ハナフノリの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

ハナフノリ

からだは小形で円柱状かやや扁圧した円柱状で中空。小さな盤状の付着器を持ち叢生する。 高潮線付近から飛沫帯の岩上に群落を作る。枝は不規則な叉状もしくは羽状分岐をし,さらに小枝を密に出す。枝の先端は尖る。手触り柔らかい。生体は茶褐 色〜濃紅色だが干出したものは黒っぽくなる。押し葉標本は台紙につかない。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
海藻海草標本図鑑について | 情報

世界大百科事典内のハナフノリの言及

【フノリ(布海苔)】より

…また地方によっては汁の実や刺身のつまとして食用にする。ハナフノリG.complanata (Harvey) Yamadaは高さ2~3cm,密に分枝して全形は団塊状。北海道と日本海沿岸を除く各地沿岸の高潮線付近に生育する。…

※「ハナフノリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone