コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナフノリ

海藻海草標本図鑑の解説

ハナフノリ

からだは小形で円柱状かやや扁圧した円柱状で中空。小さな盤状の付着器を持ち叢生する。 高潮線付近から飛沫帯の岩上に群落を作る。枝は不規則な叉状もしくは羽状分岐をし,さらに小枝を密に出す。枝の先端は尖る。手触りは柔らかい。生体は茶褐 色〜濃紅色だが干出したものは黒っぽくなる。押し葉標本は台紙につかない。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

世界大百科事典内のハナフノリの言及

【フノリ(布海苔)】より

…また地方によっては汁の実や刺身のつまとして食用にする。ハナフノリG.complanata (Harvey) Yamadaは高さ2~3cm,密に分枝して全形は団塊状。北海道と日本海沿岸を除く各地沿岸の高潮線付近に生育する。…

※「ハナフノリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android