コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハフトテペ Haft Tepe

デジタル大辞泉の解説

ハフト‐テペ(Haft Tepe)

イラン南西部にある古代エラム王国の都市遺跡。現在のフーゼスターン州の都市シューシュの東郊に位置する。紀元前2000年頃のものとされ、王族の宮殿や墓、神殿などの遺跡が見つかっており、棺や骨壺などの出土品を展示する博物館がある。ハフトタッペ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android