コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出土品(読み)シュツドヒン

大辞林 第三版の解説

しゅつどひん【出土品】

土中から出てきた過去の物。原始・古代の土器・石器・金属器など遺物や美術品、地質学的な化石など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の出土品の言及

【遺物】より

…あるいは,遺跡出土の動植物の遺体の類には,落葉や枯枝,昆虫の遺体など,人間活動が直接関与していないものも多く,それを人工遺物に対して,自然遺物とよぶこともある。この場合,遺物とは〈運搬可能な程度の大きさの出土品〉というほどの意味になる。
[有機物と無機物]
 遺物は材質によって,動植物など有機物からなるものと無機物からなるものとにわけることができる。…

※「出土品」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出土品の関連情報