出土品(読み)シュツドヒン

大辞林 第三版の解説

しゅつどひん【出土品】

土中から出てきた過去の物。原始・古代の土器・石器・金属器など遺物や美術品、地質学的な化石など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅつど‐ひん【出土品】

〘名〙 土の中から出てきたもの。主に、土中や遺跡から発見された古代の遺物、美術品などをさす。⇔伝世品(でんせいひん)
※春城随筆(1926)〈市島春城〉趣味談叢「古い印には出土品も少くない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の出土品の言及

【遺物】より

…あるいは,遺跡出土の動植物の遺体の類には,落葉や枯枝,昆虫の遺体など,人間活動が直接関与していないものも多く,それを人工遺物に対して,自然遺物とよぶこともある。この場合,遺物とは〈運搬可能な程度の大きさの出土品〉というほどの意味になる。
[有機物と無機物]
 遺物は材質によって,動植物など有機物からなるものと無機物からなるものとにわけることができる。…

※「出土品」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出土品の関連情報