東郊(読み)とうこう

精選版 日本国語大辞典「東郊」の解説

とう‐こう ‥カウ【東郊】

〘名〙
都城東方。ひがしの郊外。また、その地域。
菅家文草(900頃)六・早春内宴、侍清涼殿同賦草樹暗迎春「郊豈敢占煙嵐、陽気暗侵草木覃」 〔書経‐君陳〕
② (中国上代、五行思想で東は春にあたり、都城の東の野で春のを行なったことから) 春の野。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「東郊」の解説

とう‐こう〔‐カウ〕【東郊】

都市の東の郊外。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「東郊」の解説

【東郊】とうこう(かう)

東方の野。春、東皇を祭る。〔書、君陳〕に命じて(こ)の東郊を尹(ただ)さしむ。(つつし)めや。

字通「東」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android