バイアマレ(英語表記)Baia Mare

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイアマレ
Baia Mare

ルーマニア北西端,ウクライナと国境を接するマラムレシュ県 (面積 6215km2人口 53万 8500〈1992推計〉) の県都。 12世紀にザクセン人移民によって建設された町で,鉱山町として発達。第2次世界大戦後,スズ・鉛精錬業を中心に,採掘機械,化学工業も発展し,人口も大きく増加した。人口 14万 8815 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android