コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオセンサ biosensor

翻訳|biosensor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイオセンサ
biosensor

生物化学検知器ともいう。酵素や免疫抗体などの生体物質が特定の化学物質と鋭敏に反応することを利用した新しいタイプの検知器で,従来の物理センサや化学センサでは困難とされていた有機物質の微量検出に有効とされている。原理的には検知素子 (生体物質) と電極,半導体などのトランスデューサ (物理的な量を電圧電流に変える装置) を組合せたもので,化学物質の量 (濃度) を電圧あるいは電流値として測定する。用いる検知素子の種類によって,酵素センサ,微生物センサ,免疫センサなどがある。医療・保健,化学工業,発酵・醸造工業,食品工業,環境測定など広範囲に応用されている。小形化,複合機能化,体内利用型の開発などが今後の目標である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バイオセンサの関連キーワードラングミュアバイオエレクトロニクスバイオミメティックス化学センサー半田ビーズ味覚センサ高度好熱菌軽部征夫センサー医用工学生物素子飛ぶ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android