コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バエーサ Baeza

デジタル大辞泉の解説

バエーサ(Baeza)

スペイン南部、アンダルシア地方にある都市。8世紀にイスラム教の支配下に入ったが、13世紀のレコンキスタで再びキリスト教の支配となった。16世紀には、建築家アンドレス=デ=バンデルビラによってイタリアのルネサンスを取り入れた町づくりが行われた。2003年、隣接する都市ウベダとともに「ウベダとバエーサのルネサンス様式の記念碑的建造物群」として世界遺産(文化遺産)に登録された。バエサ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android