コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バギラティ[川] Bhagirathi

世界大百科事典 第2版の解説

バギラティ[川]【Bhagirathi】

ガルワール・ヒマラヤにある,ガンガー(ガンジス)川の源流。インドウッタル・プラデーシュ州北部,北緯30゜55′,東経79゜07′,ガンゴートリー峰(6672m)の東約20km,ガンゴートリー氷河に発する。西流してガンゴートリーを過ぎ,南流してテーリーTehrīを通り,アラクナンダ川と合してガンガー川となる。長さ約190km。伝統的にガンガー川の源と考えられており,インドにおける最も聖なる川の一つ。 同名の別の川がインド西ベンガル州にあり,ジャンギプールの北東8kmでガンガー川と分かれ,190km南方へ流れ,ジャランギ川と合流し,フグリ川をつくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバギラティ[川]の言及

【ガンガー[川]】より

…延長では世界の大河のなかの17位,流域面積では11位にすぎないが,文明の古さや人口の密集など文化的意義において世界有数の大河といえる。源流は中部ヒマラヤのガンゴートリーGaṅgotrī氷河に発するバギラティ川で,ガンガーを天上から地上に導いたといわれる神話のバギーラタ王の名をとどめる。深い峡谷のなかにヒンドゥー教の聖地や修道院があり,巡礼者が多い。…

※「バギラティ[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android