コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バトントワリング バトントワリングbaton twirling

2件 の用語解説(バトントワリングの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バトン‐トワリング(baton twirling)

バトンをくるくる回したり、空中に投げ上げたりと、いろいろなバトンさばきを披露する競技。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バトントワリング
ばとんとわりんぐ
baton twirling

腕の長さのバトンを、音楽にあわせてくるくると回し躍動するスポーツ。起源については、ヨーロッパ説のほか諸説があるが、スポーツ化したのはアメリカで、1920年代といわれる。日本に入ってきたのは第二次世界大戦後の1950年代で、全日本鼓笛バンド連盟、全日本マーチングバンド・バトントワリング連盟などの組織が結成されたのは60年代になってからである。競技人口は約20万人、うち男子は200人程度である。1977年(昭和52)に世界連盟(本部カナダのレジナ)が設立され、79年から世界選手権が開かれている。競技種目はソロ・トワール、ツーバトン、ダンストワール、フリースタイルなどがある。[石井恒男]

その後の動き

1995年に日本スポーツバトン協会が設立され、2004年には大阪で世界バトントワリング選手権大会が行われた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バトントワリングの関連情報