空中(読み)くうちゅう

精選版 日本国語大辞典「空中」の解説

くう‐ちゅう【空中】

〘名〙 (古くは「くうぢゅう」とも) 大空のうち。地面を高く離れた所。空のなか。なかぞら。そら。
※続日本紀‐天平一四年(742)一一月壬子「空中有声、如大鼓、野雉相驚、地大震動」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「一団の燐火(おにび)、空中(クウチウ)より飛来って」 〔白居易‐燕詩示劉臾〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の空中の言及

【本阿弥光甫】より

…本阿弥光悦の養子光瑳の長男。空中斎(くうちゆうさい)と号し,〈空中〉の名でよく知られる。家業の刀剣鑑定に長じ,光悦の影響を強く受けて茶,香をたしなみ,絵画,彫刻もよくしたが,ことに作陶に優れた。…

※「空中」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android