空中(読み)くうちゅう

精選版 日本国語大辞典「空中」の解説

くう‐ちゅう【空中】

〘名〙 (古くは「くうぢゅう」とも) 大空のうち。地面を高く離れた所。空のなか。なかぞら。そら。
※続日本紀‐天平一四年(742)一一月壬子「空中有声、如大鼓、野雉相驚、地大震動」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「一団の燐火(おにび)、空中(クウチウ)より飛来って」 〔白居易‐燕詩示劉臾〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「空中」の解説

くう‐ちゅう【空中】

大空の中。そら。なかぞら。また、地面や水面を離れた所。「空中戦」「ハチドリの空中での停止飛行」
[類語]天空天穹てんきゅう穹窿きゅうりゅう蒼穹そうきゅう太虚たいきょ上天天球青空青天井くう虚空こくう中空ちゅうくう中天上空大空低空高空

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の空中の言及

【本阿弥光甫】より

…本阿弥光悦の養子光瑳の長男。空中斎(くうちゆうさい)と号し,〈空中〉の名でよく知られる。家業の刀剣鑑定に長じ,光悦の影響を強く受けて茶,香をたしなみ,絵画,彫刻もよくしたが,ことに作陶に優れた。…

※「空中」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android