そろ

精選版 日本国語大辞典「そろ」の解説

そろ

〘名〙
① 京都、祇園で、目高(めだか)をいう。〔随筆・羇旅漫録(1802)〕
② (「ぞ」とも) カルタ賭博(とばく)で、役になる数札または絵札が所定の枚数だけそろうこと。
※浄瑠璃・雪女五枚羽子板(1708)もんさく系図「おこしぞへにも女共、〈〉四そろ、花ぞろ、きりばね、つんばね、二役三役、ゑがつく徳つく色がつく」

そろ

〘名〙 植物「いぬしで(犬四手)」の異名。
読本・椿説弓張月(1807‐11)後「杪一丈にあまり、木理いと美しくて、鉄刀樹(たがやさん)めきたるありその名を問給へば、『そろと申す樹也』と答ふ」

そろ

〙 (多く「と」を伴って用いる) ゆっくりと、しずかなさまを表わす
名語記(1275)二「手をそとひくといへる〈略〉そろを反せばそ也、そろとひけと也。そろそろとひく義なるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android