コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バナナポジション banana position

1件 の用語解説(バナナポジションの意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

バナナポジション

テイクオフでは、ライズアップの際、離陸直前にラインチェックを確実に行う必要がある。ラインチェックとはC・Dライザーブレークコードなどキャノピーの後側まで確実に目視することで、それを行うにはパイロットが丁度、バナナの形の様にそり返り行いたい。完璧なテイクオフ一つとしてDHVでは、ライズアップしたキャノピーを頭上で止める為のブレーク操作と、バナナの様にそり返り確実にラインをチェックする作業を「バナナポジション」と称して必ず行うよう、フライヤーに徹底を呼びかけている。なお、バナナポジションは通常、2・3秒間程度行うことが望ましい。関連用語 頭上安定

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バナナポジションの関連キーワードタッチアンドゴーノーズアップクリフランチクロスハンド(ライズアップ)バックハンドライズアップフルブレークフロントライズアップライズアップリバースハンドライズアップレイトテイクオフ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone