頭上(読み)とうじょう

精選版 日本国語大辞典「頭上」の解説

とう‐じょう ‥ジャウ【頭上】

〘名〙 (「とうしょう」とも)
① あたまのうえ。あたまのさき。ずじょう。
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉二編「両目爛々として頭上(トウジャウ)に緑毛を生ず」 〔古詩‐為焦仲卿妻作〕
② さき。はし。先端。いただき。
※和漢朗詠(1018頃)上「憶ひ得たり少年にして長く乞巧(きっかう)せしことを 竹竿の頭上(とうしゃう)に願糸多し〈白居易〉」

ず‐じょう ヅジャウ【頭上】

〘名〙 (「ずしょう」とも) あたまのうえ。あたまの上の方。
※海道記(1223頃)序「頭上には頻に駭かす老を告る鶴」

かしら‐あげ【頭上】

〘名〙 書類で金額または事項を別行にして、その書き出しを前の行より上げて記すこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「頭上」の解説

ず‐じょう〔ヅジヤウ〕【頭上】

あたまの上。あたまの上の方。「頭上を見上げる」「栄冠が頭上に輝く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android