徹底(読み)てってい

精選版 日本国語大辞典「徹底」の解説

てっ‐てい【徹底】

〘名〙
まで貫き通ること。内部に深く浸透すること。
※類聚句題抄(11C中)瀑水含秋気〈源為憲〉「凄凉底松嵐暁。凜烈盈科蘿月晴」
※科学者と芸術家(1916)〈寺田寅彦〉「其事実の奥底に徹底する迄此れを突き止めようとすると」 〔北史‐宋世良〕
② 物のすみずみまでゆきとどくこと。残るところなくゆきわたること。態度や行動などが、中途半端でなく一貫していること。
※ロザリオの経(1623)「コノ タットキ Rosario ノ シンガウヲ ヒトビトノ シンヂュウニ tettei(テッテイ)サセタマワン タメニ」
※肖像画について(1955)〈加藤周一〉「フランドルの肖像画家は、写実に徹底して、生々しい感覚を甦えらせるが」
③ 悟りきること。真の悟りを得ること。「大悟徹底
※正法眼蔵(1231‐53)坐禅箴「坐禅の功徳、かの魚行のごとし、千程万程、たれか卜度せん。徹底の行程は、挙体の不行鳥道なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「徹底」の解説

てっ‐てい【徹底】

[名](スル)《底までつらぬき通ることの意》
中途半端でなく一貫していること。「徹底した利主義者」
すみずみまで行き届くこと。「会の趣旨を徹底させる」「命令が徹底しない」
[類語](1徹する貫く一貫終始貫徹通す押し通す押し切る終始一貫首尾一貫/(2浸透広がる広まる行き渡る流布るふ伝播でんぱ波及弥漫びまん蔓延まんえん伸展発展

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「徹底」の解説

【徹底】てつてい

底まで。十分に達する。〔北斉書循吏、宋世良伝〕老人丁金剛といふものり。泣きて(すす)み、謝して曰く、己(われ)年九十、三十五を記(しる)すも、君はだ善治なるのみに非ず、きことも亦た徹底せり。今賢君を失ふ。何ぞ濟(すく)はれんと。

字通「徹」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android