バボツ(読み)ばぼつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バボツ
ばぼつ / 馬勃

担子菌類、腹菌類のホコリタケ科Lycoperdaceaeに属するキノコの中国名。英語ではパフボールpuffball(煙(けむ)出し玉)の語がこれにあたる。江戸時代の本草(ほんぞう)学者はホコリタケ科の巨大なキノコであるオニフスベを馬勃としていたが、むしろ、ホコリタケ科の総称とするのが妥当である。なお、馬勃とは馬糞(ばふん)のことで、取るに足らないもの、役にたたないものの意にも通じる。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android