学者(読み)がくしゃ

精選版 日本国語大辞典「学者」の解説

がく‐しゃ【学者】

〘名〙
学問にすぐれている人。学問研究を仕事としている人。
※菅家文草(900頃)二・相府文亭、始読世説新書「学者誰家異杏壇、紅花好是雨中看」
※談義本・風流志道軒伝(1763)一「味噌のみそくさきと、学者の学者くさきは、さんざんのものなりとて」 〔五代史‐史匡翰伝〕
② 学芸などを修行し、学んでいる人。
※正法眼蔵(1231‐53)四禅比丘「学者まづすべからく、仏はいかなるべしとならふべきなり」
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)九「蛍を集め雪を積むも学者の心長き例(ためし)」 〔史記‐太子公自序〕
③ 一般に学のある人。もの知り。
※天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「トノワ gacuxa(ガクシャ)デ ゴザレバ、コノ モンジヲバ ナント ワキマエサセラルルゾ」
※落語・阿七(1890)〈三代目三遊亭円遊〉「乃公(おれ)の伯母さんてェ人は〈略〉大変な学者で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「学者」の解説

【学者】がくしや

学ぶ人。〔論語、憲問〕(いにしへ)の學の爲にし、今の學は人の爲にす。学問のある人。〔旧五代史、史匡伝〕尤も春秋左氏傳を好む。(つね)にるの暇(いとま)に、學(まね)きてせしむ。

字通「学」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android