コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルデマー宮殿 バルデマーきゅうでん

世界の観光地名がわかる事典の解説

バルデマーきゅうでん【バルデマー宮殿】

デンマークの首都コペンハーゲンがあるシェラン島(Sjælland)とユトランド半島の間に位置する、フュン島(Fyn)の南端のトーシンエ島(Tåsinge)東岸にある城。同国の名君とされているクリスチャン4世(1577~1648年)が1643年に建設した。1678年には海軍の英雄ニールス・ユエルの所有する城となり、現在のバロック様式風の建物に改築された。この城は現在一般に公開され、コンサート会場やギャラリー、結婚式場としても利用されている。地下にはレストランがあるほか、敷地内にはヨット博物館がある。フュン島の中心都市オーデンセ(Odense)南方45kmのスヴェンボー(Svendborg)からフェリーが就航している(所要時間45分)。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone