コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルラーム修道院 バルラームシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

バルラーム‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【バルラーム修道院】

Moni VarlaamΜονή Βαρλαάμ》ギリシャ中部、テッサリア地方のメテオラにある修道院。14世紀の隠遁者バルラームが修行した場所に、イオアニナ出身の裕福な修道士の兄弟テオファニスとネクタリオスにより、16世紀に高さ595メートルの岩山の頂に建造された。内部にはフランゴス=カテラノスが描いたフレスコ画が残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

バルラーム修道院の関連キーワードアギアトリアダ修道院アギウパウル修道院アギウパブル修道院アギウパンテレイモノス修道院アギウパンテレイモン修道院アギオスステファノス修道院アギオスニコラオスアナパフサス修道院アギオスニコラオス修道院イビロン修道院エスフィグメヌ修道院

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android