コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルーチ族 バルーチぞくBalūch

世界大百科事典 第2版の解説

バルーチぞく【バルーチ族 Balūch】

イラン系の言語を母語とする遊牧部族。現在,パキスタン南西部,イラン南東部,アフガニスタン北西部,トルクメニスタンに分かれて居住する。全人口は200万人以上(1970年代の推定)いるが,その60%はパキスタンに住む。俗にバルーチスターンといわれる現在の居住地は,この部族の原郷でなく,もともとはイランのケルマーン地方にいたとされる。セルジューク朝がこの地方に侵入したのに伴い,東進を開始し,マクラーンを経て,シンドパンジャーブに進出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のバルーチ族の言及

【パキスタン】より


【住民,言語】
 パキスタンは多民族国家であり,民族と言語集団はほぼ対応している。主要な民族・言語集団の総人口に占める比重は,パンジャービー66%,シンディー13%,パシュトゥーン(パシュト語)9%,バルーチ族%となっている。ほかにウルドゥー語を母語とするものが8%を占めるが,彼らは1947年の分離独立以降移住してきたムハージルMuhajirと呼ばれる北インド出身者が主体である。…

※「バルーチ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バルーチ族の関連キーワードザーヘダーン

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バルーチ族の関連情報