コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンダーラ Bhandāra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンダーラ
Bhandāra

インド西部,マハーラーシュトラ州北東部の都市。ナーグプル東方約 50km,マイカラ山脈南西の丘陵地,標高 260mに位置し,ワインガンガ (川) にのぞむ。地方の商業中心地で,タバコ,綿花,真鍮製品などを産する。ナーグプル大学のカレッジがある。人口7万 1762 (1991) 。

バンダーラ

ポーロ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のバンダーラの言及

【トリブート】より

…トリブートとポーロはそれぞれの枠内で,政庁の植民地支配に協力した一部の住民に免除の特権が認められた。このほか,スペイン支配の初期には,植民者社会が必要とする物資を一地方に強制的に割り当て,無料同然で売り渡させる,バンダーラbandalaと呼ばれる制度が実施され,住民社会を疲弊させた。【池端 雪浦】。…

※「バンダーラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バンダーラの関連キーワードバンダラウェラ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android