コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーチュ Vāc

翻訳|Vāc

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーチュ
Vāc

サンスクリット語で「言葉」のこと。『リグ・ベーダ』時代には,言葉およびその背後にひそむ力は原理とされ,神格化されて,女神として賛歌が捧げられた。この女神が後世サラスバティーと同一視された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のバーチュの言及

【サラスバティー】より

…《リグ・ベーダ》では,穢れをはらい,さまざまの富をもたらす神として崇拝されるが,これは大地に肥沃をもたらす河川の力と水の浄化能力とが重視されたものであろう。のちにブラーフマナ神話にいたると,同じく重要な神格である言葉の女神バーチュVācと同一視され,学問・芸術をつかさどる女神となった。仏教にも天部の一つとして取り入れられ,弁才天として崇拝されている。…

【リグ・ベーダ】より

…これによって知られる古代インドの宗教は明らかに多神教で,賛歌の対象となる神格の数はきわめて多い。神格の多くは火神アグニ,風神バーユなどのような自然現象を神格化したものであるが,そのほかに,工巧神トゥバシュトリTvaṣṭṛ,意力を神格化したダクシャDakṣa,言語を神格化した女神バーチュVācなど多彩な神格が認められる。最も尊崇された神は武勇神インドラで,《リグ・ベーダ》賛歌のほぼ4分の1がこの神にささげられている。…

※「バーチュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バーチュの関連キーワードフランクリン(Rosalind E. Franklin)チュン・チャク‐チュン・ニー姉妹ジェームス ニュートンコンテンツマッチ広告ヒューバート ロウズレビモンタルチーニスコット モイヤーラッセル クロウX線テレビジョンサンスクリット語ペイパークリックビルトゥオーソケチュケメートマクリントック検索連動型広告スボティツァオーバチュアロニー ユーバーチャル5月29日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーチュの関連情報