バーンカット(英語表記)burn cut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーンカット
burn cut

心抜き発破法の一種。シャッターカットともいう。切羽面に対し垂直方向に数本,心抜き用の発破孔を削孔し,そのうちの何本かを空孔で残しそれを自由面とする方法で,空孔と装薬孔の配列様式にはいろいろある。削孔が容易であり,破砕岩石の飛散が少いなどの利点がある。一般には,硬いがもろい均一な岩盤の心抜きに有効とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プチプラ

値段が安いことを表す日本の俗語。「プチ(小さい)プライス(価格)」の略。ほとんどの場合、女性用のファッションアイテム・化粧品・香水・雑貨などのジャンルで、「安くてかわいい」「手に入りやすい」といった意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android