コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーンカット burn cut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーンカット
burn cut

心抜き発破法の一種。シャッターカットともいう。切羽面に対し垂直方向に数本,心抜き用の発破孔を削孔し,そのうちの何本かを空孔で残しそれを自由面とする方法で,空孔と装薬孔の配列様式にはいろいろある。削孔が容易であり,破砕岩石の飛散が少いなどの利点がある。一般には,硬いがもろい均一な岩盤の心抜きに有効とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バーンカットの関連キーワード発破

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android