コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空孔 くうこう

大辞林 第三版の解説

くうこう【空孔】

せい

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

空孔
くうこう
voidhole

物理学では次の2通りの意味に使われる。
(1)原子空孔 結晶では、原子が規則正しく配列している。この配列を空間格子といい、この格子の中で、原子がたまたま欠けている場所を空格子点という。空格子点が2個集まると、これを空格子対といい、さらに多数集まって結晶中にできた空隙(くうげき)を原子空孔、または単に空孔voidという。
(2)反粒子としての空孔hole 電子に関するディラック方程式の解として、正の運動エネルギーをもつ電子と同様に負の運動エネルギーをもつ電子も存在することが示される。もし、これが本当であれば、電子はなるべく負のエネルギーの状態に落ち込むことになる。しかし現実に、負の運動エネルギーをもつ電子は観測されていない。この点を説明するために、ディラックは次のような考えを提案した。それによれば、負のエネルギー状態は、ひとつ残らず電子に占領されていて、外界にはなんの作用も表さない。真空と考えられているものは、実はこの完全に電子で占められた負のエネルギー状態である。この状態の電子にエネルギーを与えて、正のエネルギー状態に励起すると、電子の抜けたあとに空孔が残る。この空孔が電子の反粒子、すなわち陽電子であると考えることができる。これを空孔理論とよんでいる。しかし、この理論では説明が困難な問題もあり、現在では場の量子論によって、よりよい説明が与えられている。[野口精一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の空孔の言及

【空孔理論】より

…電子の相対論的波動方程式はエネルギーが負の解をもつが,その解が引き起こす困難を避けるために,P.A.M.ディラックによって提出された理論を空孔理論という。ディラックは1928年に相対論的共変の要請を満たす波動方程式(ディラック方程式)を発見した。…

※「空孔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

空孔の関連キーワードポール・A.M. ディラックコスター‐クローニヒ遷移クラインのパラドックスネクティック・チャートホーリー光ファイバーディラックの空孔理論カーケンドール効果ホーリーファイバーホスト‐ゲスト化学アイリングの粘度式岩石の物理的性質ディラック方程式金属焼結フィルタフレンケル欠陥クラウン化合物パンペリアイト特殊相対性理論バーンカットアンダーソンオージェ効果

空孔の関連情報