コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイケンド Paykend

デジタル大辞泉の解説

パイケンド(Paykend)

ウズベキスタン南東部の町。ブハラの南西約50キロメートル、カラクム砂漠に位置する。紀元前4世紀から前3世紀頃にかけて、シルクロードオアシス都市として建設。アラブ人に支配される8世紀まで、ソグド人が居住した。現在も当時の城壁の一部が残っており、付近からは仏教やゾロアスター教に関わりのある品々が発掘されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

パイケンドの関連キーワードソグド人

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android