コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイケンド パイケンドPaykend

デジタル大辞泉の解説

パイケンド(Paykend)

ウズベキスタン南東部の町。ブハラの南西約50キロメートルカラクム砂漠に位置する。紀元前4世紀から前3世紀頃にかけて、シルクロードオアシス都市として建設。アラブ人に支配される8世紀まで、ソグド人が居住した。現在も当時の城壁の一部が残っており、付近からは仏教やゾロアスター教関わりのある品々が発掘されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone