コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイヤール室内管弦楽団

デジタル大辞泉プラスの解説

パイヤール室内管弦楽団

フランスのパリを拠点とする室内オーケストラ。1959年に設立。指揮者のジャン・フランソワ・パイヤールが設立したジャン・マリー・ルクレール器楽アンサンブルを前身とする。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内のパイヤール室内管弦楽団の言及

【パイヤール】より

…1953年,18世紀のバイオリン奏者の名を冠したジャン・マリー・ルクレール合奏団を結成し,とくに17~18世紀フランス音楽の演奏,紹介に努める。同楽団は59年にパイヤール室内管弦楽団と改称し,ときに現代作品をも手がけながら,国際的な演奏活動を継続した。17~18世紀音楽の再評価に果たしたパイヤールの貢献は,同時代の研究が一段と進んだ現在でも,その意義を失っていない。…

※「パイヤール室内管弦楽団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パイヤール室内管弦楽団の関連キーワードジャン・フランソワ パイヤールフランス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android