コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パズラー小説 パズラーしょうせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パズラー小説
パズラーしょうせつ

松本清張を先駆とするいわゆる社会派推理小説に対して,謎解きの論理性を重視しようとするものを本格派推理小説という。近年,この本格派のなかに,京都大学同志社大学など大学の推理小説研究会出身の書き手が,『占星術殺人事件』の著者島田荘司を兄貴分とするグループを形成し,新本格派と称している。彼らの書くものにパズラー小説と名づけたのは出版社だが,リアリティー社会性よりも知的なエンターテインメントとして論理の純粋性に固執するその傾向は,確かに新しい世代の登場を示しているということができる。おもな作家に,綾辻行人,法月綸太郎,有栖川有栖,我孫子武丸,歌野晶午らがいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パズラー小説の関連キーワード松本清張

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android