コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本清張 まつもとせいちょう

6件 の用語解説(松本清張の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松本清張
まつもとせいちょう

[生]1909.12.21. 小倉
[没]1992.8.4. 東京
小説家。本名,清張 (きよはる) 。高等小学校卒業後,給仕,印刷所の版下工その他の職を転々とし,1937年朝日新聞西部本社に入り広告部員。 50年『西郷札』が『週刊朝日』の懸賞小説に入選,『或る「小倉日記」伝』 (1952) が芥川賞を受けて文壇にデビュー

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まつもと‐せいちょう〔‐セイチヤウ〕【松本清張】

[1909~1992]小説家。福岡の生まれ。本名、清張(きよはる)。犯罪の動機を重視し、背後にある現代社会の仕組みを描き出した推理小説「点と線」「ゼロの焦点」などで、社会派推理小説という新分野を開拓。時代小説ノンフィクション・古代史論考などの分野でも活躍。他に「日本の黒い霧」「砂の器」など多数。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

松本清張【まつもとせいちょう】

小説家。本名清張(きよはる)。福岡県生れ。《或る〈小倉日記〉伝》で芥川賞を受賞。1950年代半ばから推理小説を書きはじめ,《点と線》《眼の壁》等で流行作家となった。
→関連項目五味康祐帝銀事件野村芳太郎宝石

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本清張 まつもと-せいちょう

1909-1992 昭和後期-平成時代の小説家。
明治42年12月21日生まれ。印刷版下工などをへて朝日新聞西部本社に入社。「三田文学」に発表した「或る「小倉日記」伝」で昭和28年芥川賞。32年から雑誌「旅」に連載した「点と線」で社会派推理小説の新分野を開拓する。42年第1回吉川英治文学賞。日本現代史や古代史のノンフィクション分野でも活躍。平成4年8月4日死去。82歳。福岡県出身。本名は清張(きよはる)。著作はほかに「ゼロの焦点」「昭和史発掘」など。
【格言など】慢性になった常識が盲点をつくる(「点と線」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

まつもとせいちょう【松本清張】

1909~1992) 小説家。本名、清張きよはる。福岡県生まれ。犯罪の背後にある社会の暗部に注目する社会派推理小説のほか、昭和史や古代史の謎に挑む。著「点と線」「砂の器」「日本の黒い霧」「古代史疑」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松本清張
まつもとせいちょう
(1909―1992)

小説家。明治42年12月21日、福岡県小倉(こくら)市に生まれる。小学校卒業後、給仕、印刷の版下工を経て、1939年(昭和14)朝日新聞西部本社広告部勤務。処女作『西郷札(さいごうさつ)』(1950)が懸賞三等に入選し、翌年直木賞候補作となる。52年(昭和27)9月『或(あ)る「小倉日記」伝』で芥川(あくたがわ)賞受賞。54年東京本社勤務。56年退社、文筆生活に入る。初期のモデル(伝記)小説『或る「小倉日記」伝』、『菊枕(きくまくら)』(1953)、『断碑』(1954)、『石の骨』(1955)は、才能がありながら世に認められず、それゆえに執念を燃焼させてやまない屈折した生に、作家の生の共感がある。一方、犯罪の動機の重視、社会性の導入による推理小説『点と線』(1957~58)、『ゼロの焦点』(1958~60)で、「社会派推理小説」という新分野を開いた。また推理的伝記『鴎外(おうがい)の婢(ひ)』『文豪』や時代小説も注目される。さらにノンフィクションの分野は『日本の黒い霧』(1960)をはじめ、山県有朋(やまがたありとも)を描く『象徴の設計』(1962~63)、中江兆民(ちょうみん)を描く『火の虚舟(きょしゅう)』(1966~67)、菊池寛賞受賞の『昭和史発掘』(1964~71)へと拡大する。その後古代史に注目し、『古代史疑』(1966~67)、『火の路(みち)』(1973~74)を著す。歴史に対する洞察は、『清張通史』(1976~78)へと発展し、NHKテレビ番組『ミツコ――二つの世紀末』の製作と並行して同じ素材で小説『暗い血の旋舞』(1987)を発表した。[山崎一穎]
『『松本清張全集』全56巻(1971~84・文芸春秋) ▽『現代文学読本 松本清張 文学編』(1978・清山社) ▽中谷博著『大衆文学――その本質、その作家』(1973・桃源社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の松本清張の言及

【推理小説】より

…第1は,従来確固として存在していた〈純文学〉と〈推理小説〉の間の境界線が消えたことである。純文学作家が次々に推理小説に筆を染め,松本清張や水上勉のように爆発的人気を呼び,推理小説でデビューした作家が一般の文学賞を取ることも珍しくなくなった。第2は,女性の目ざましい進出である。…

【ゼロの焦点】より

…松本清張の長編推理小説。1958年から60年にかけて《宝石》に連載。…

【総合雑誌】より

…《中央公論》は,占領下におきた松川事件について作家広津和郎が冤罪を訴えた《松川裁判》を長期連載したが,1960年秋に深沢七郎のパロディ小説《風流夢譚》を掲載したことが社長嶋中鵬二邸に右翼テロを招く結果となり,天皇制と皇室とについてはみずから口をとざすということを嶋中が明示してしまった(風流夢譚事件)。 戦後の《文芸春秋》は,推理作家松本清張が占領期と昭和戦前の史実にいどんだ《日本の黒い霧》《昭和史発掘》を長期連載するなどドキュメンタリーな方法によって読者を獲得し,国民雑誌という評を得るにいたった。とくに児玉隆也,立花隆を起用して田中角栄首相の政治資金工作をあばいた〈金脈追及〉記事は,在日外国人記者たちの首相会見要求をみちびいてロッキード事件に先立つ田中内閣退陣を実現させた。…

【大衆文学】より

…占領当初は抑圧されていた時代小説も村上元三《佐々木小次郎》(1950‐51)あたりから隆盛に向かう。川英治《新平家物語》,源氏鶏太《三等重役》などで週刊誌小説の新領域を開拓し,やがてテレビ時代の到来に呼応する形で,柴田錬三郎《眠狂四郎無頼控》,五味康祐《柳生武芸帳》なども連作形式を活用して執筆され,新しい読者層のひろがりの上で松本清張の《点と線》《眼の壁》など社会派本格推理の諸作が発表されて,いわゆる清張ブームを生む。時代小説の現代化(マゲをのせた現代物)の方向として南条範夫が現れ,山本周五郎が独得の切りこみを歴史や市井物に見せると同時に,海音寺潮五郎の《武将列伝》など史伝物も迎えられる。…

※「松本清張」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松本清張の関連キーワード大薗卓篠原健治諏訪優辻隆津田秀夫中島源太郎中村武志沼正作原田鋼河野道代

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松本清張の関連情報