パヌコ川(読み)パヌコがわ(英語表記)Río Pánuco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パヌコ川
パヌコがわ
Río Pánuco

メキシコ中部メキシコ湾側,ベラクルス州を流れる川。同州と西のサンルイスポトシ州の州境で,モクテスマ川とタムイン川が合流してパヌコ川となり,海岸低地を曲流しながらほぼ東北東に流れ,タンピコの下流でメキシコ湾に注ぐ。主要源流の一つサンタマリア川はメキシコ高原上のサンルイスポトシ付近に源を発し東流,東マドレ山脈を流下してタムイン川となる。サンタマリア川水源からパヌコ川河口までの長さ約 500km。経済的に重要な水系で,河水は灌漑用水として広く利用され,下流部は航行可能。またかつてメキシコ市一帯に広がっていた湖沼地帯の水は水路とトンネルによりこの水系の源流に導かれ,メキシコ湾に排水された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android