コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パランガ Palanga

デジタル大辞泉の解説

パランガ(Palanga)

リトアニア西部の都市。バルト海に面し、同国屈指の海岸保養地として知られる。古くから琥珀(こはく)の交易が行われ、港町として発展。19世紀末建造のティシュケビチュス宮殿を利用した琥珀博物館がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のパランガの言及

【クライペダ】より

…39‐45年にはナチス・ドイツ軍に占領され,破壊を被ったが,大戦後リトアニア領としてバルト海沿岸地域の産業(漁業,食品加工など),文化の中心地の一つとして復興した。25km北には保養地パランガがあり,南西にはクール砂州が延び,ともにコハクの産地として知られている。【村田 郁夫】。…

※「パランガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パランガの関連キーワードクライペダ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android