コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンジャブ問題 パンジャブもんだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンジャブ問題
パンジャブもんだい

インドの北西部,パンジャブ州におけるシク教徒の独立運動。シク教徒たちは印パ分離の際にパキスタンから難民としてインドに移住し,総本山ゴールデン・テンプルのあるパンジャブ州にその多くが集った。 1960年代からシク教徒の独立を目指す運動が現れ,82年夏以降,独立国「カリスタン」の樹立を主張する過激派のテロが激化。 84年,政府はゴールデン・テンプルを軍隊によって制圧したが,多くの死傷者を出す惨事となり,その報復としてガンジー首相が暗殺された。 85年,前首相の長男ラジブ・ガンジー首相とシク教徒の穏健派が 11項目にわたる「パンジャブ合意」に調印したが,その後も混乱は続いている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android