コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難民 なんみんrefugee

翻訳|refugee

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

難民
なんみん
refugee

本国の迫害危難を避けるため他国に逃れ,移住する者。政治的難民と,戦争や貧困による経済難民とに区別される。政治難民保護のために締結された 1951年の難民条約では,政治犯のみならず政治的圧迫を受け,身の危険を感じて逃亡してきた難民に対して退去を強制したり,本国に送還したりしないで保護すべきだとする傾向が強く,また犯罪人引渡し条約が結ばれているときでも引渡さないことが原則となっている。しかし,国際法上亡命者の入国を許可すべき義務はない。 48年国連総会で採択された世界人権宣言第 14条には「人はすべて,迫害からの避難所を他国において求めまた享有する権利を有する」と規定しており,イタリア,ドイツ,フランス,旧ソ連,中国などのように憲法に政治難民の保護規定を設けている国もある。現在ではベトナム難民の保護に関係して,経済難民についても限定的な保護がはかられている。日本では出入国管理令が「出入国管理及び難民認定法」に改正 (1982施行) され,法務大臣を認定権者とした難民認定の手続が新たに設けられた (61条の2~61条の2の4) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

難民

難民条約は「人種宗教、国籍、政治的な意見などを理由に、迫害を受ける恐れがあるとして国外に逃れた人」と定義している。条約では紛争地からの避難者は含まれないが、各国の判断で難民と同様に人道的な保護を受けている。 日本では、申請を受けて法相が難民に当たるかどうかを決定する。条約を厳格に解釈しており、昨年の認定率は1%に満たない。難民と認定されると、国民年金や児童扶養手当など、日本国民と同じ待遇を受けられる。

(2015-09-05 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

なん‐みん【難民】

天災・戦禍などによって、やむをえず住んでいる地を離れた人々。
人種・宗教・政治的意見の相違などによる迫害を避け、国外に逃れた人々。
[補説]日本で「帰宅難民」「買い物難民」などのように、さまざまな事情で困った状況にある人々を表すのに使うのは、乱用とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

難民【なんみん】

戦争,天災,政治的圧迫等により生活の根拠を奪われ,多くは集団で他の地方や国家に救済を求めて避難する者をいう。古くから難民は発生しているが,その国際的保護は第1次大戦後のロシア難民の大量発生に際して,国際連盟を通してナンセンが特別の旅券発給制度を設けたことに始まり,これが国連難民高等弁務官事務所の原型に連なる。
→関連項目移民国際難民機関国連NGO日本国際ボランティアセンター入国管理局庇護権ボート・ピープル

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なんみん【難民 refugee】

一般に,政治的圧迫,戦災,自然災害などで生活の根拠を失い,故国や定住地を逃れ出た者をいう。難民は多くの場合,本国の保護を受けることができず,あるいは,それを望まないために,外国に生活の根拠を求めるので,亡命者に類似している。難民と亡命者を同じ意味で使用することもあるが,通常,政治的信条が比較的稀薄な人々を難民,政治的理由で庇護を求める人々を亡命者と呼ぶことが多い。難民が政治的問題として扱われるようになったのはおもに第1次世界大戦以後のことである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なんみん【難民】

天災・戦禍などによって生活が困窮し、住んでいた土地を離れ安全な場所へ逃れて来た人々。
人種・宗教・政治的意見などを理由に迫害を受けるおそれがあるために国を出た人。亡命者。
転じて、何かから溢あふれてしまった人々を俗にいう語。 「昼食-」 「就職-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

難民
なんみん
refugee

人種、宗教、政治的意見の相違などによる迫害を避けるために外国に逃れた者を難民とよぶ。最近では政治的理由によるものがほとんどで、人種的、思想的理由によるものも政治的理由と結び付くことが多い。これらを政治難民、狭義の難民とよび、後述する難民条約による保護を受けるので、条約難民ともよぶ。個々の立場に着目して亡命者とよぶこともあるが、ある程度の数がまとまった場合に難民の語が用いられ、戦争や動乱に伴って多数の難民が生ずる。広義では、自然災害や飢饉(ききん)のため居住地外に逃れる者(経済難民、流民)、自国内にいる場合(国内避難民)も難民とよばれ、人道的保護を受ける場合もある。[宮崎繁樹]

難民の事例

古くは、イギリスのスチュアート王朝の迫害を受けて新大陸に移住した清教徒や、フランス革命の際多くの王侯貴族が外国に逃れた例がある。フランス語のエミグレ(亡命者)は、狭義では後者をさす。第一次世界大戦末期1917年のロシア革命によっても大量のロシア難民が生じ、その救済のために、戦後、国際連盟は1921年ノルウェーの北極探検家ナンセンを難民救済の弁務官に任命し、のちにアルメニア難民救済の任務も課し、約150万人のロシア難民が約20か国で生活可能となった。難民に対しては旅券にかわる身分証明書(ナンセン旅券)が付与された。1933年以後ナチスの迫害により多くの難民が生じ、1938年にドイツ難民高等弁務官が置かれ、1939年前者と統合し国際連盟統一難民高等弁務官が置かれ、これらによって推計約225万人の難民が保護された。第二次世界大戦中も多くの難民が生じ、戦後その救済は、政府間難民委員会や連合国救済復興機関によって行われ、1946年国際連合の専門機関として国際難民機関(IRO)の設置が決められ、1948年8月20日発足した。しかし1952年同機関は廃止され、事業は国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に引き継がれた。1991~2000年、緒方貞子(おがたさだこ)が高等弁務官を務めた。[宮崎繁樹]

難民条約・議定書

第二次世界大戦後も、1948年のイスラエル独立から始まったパレスチナ戦争により多くの難民が生じ、中東不安の原因となった。その救済のため、1954年国連パレスチナ難民救済機関が設置された。1948年の「世界人権宣言」は、迫害からの庇護(ひご)を他国に求め享有する権利(第14条)を定め、1967年の「庇護権に関する宣言」はこれを再確認した。この間1951年7月28日「難民の地位に関する条約」が採択され、1954年発効したが、1967年にはその保護対象を拡大した「難民の地位に関する議定書」が採択され、同年発効した。同条約は、迫害のおそれのある国への難民の送還の禁止(ノン・ルフールマンの原則)、難民として入国したことによる処罰の禁止、任意帰国・再移住・定住に対する便宜供与、滞在にあたっての人道的処遇などを定めている。
 日本で難民問題にとくに関心がもたれるようになったのは、1975年サイゴン陥落以来ベトナム、ラオス、カンボジアからボートピープルなどとして流出したインドシナ難民を契機とする。政府はその定住受入れ枠を最大1万人まで拡大するとともに1981年「難民の地位に関する条約・議定書」に加入、翌年1月1日日本についても発効させ、従来の「出入国管理令」を改定して「出入国管理及び難民認定法」とし、同日から施行した。しかし、インドシナ難民の減少に伴い、1994年3月には特別待遇をやめ一般の難民と同様に扱うことにした。[宮崎繁樹]

UNHCRの活動

世界的にみると各地での武力紛争、政情不安、地震、飢饉(ききん)などによって、ボスニア、イラク、リベリア、ルワンダ、コンゴ民主共和国(旧ザイール)、ソマリアなどで大規模な難民の移動や人道上の危機が生じ、UNHCRは狭義の難民のみならず国内避難民にも保護の対象を広げた。その数は、1991年に1700万人、1993年に2300万人、1995年に2700万人以上と大幅に増加し、その後は1997年に2273万人、1999年に2115万人となっている(各年1月現在)。また、UNHCRは1999年3~6月のコソボ紛争で生じた難民約80万人、および国内避難民の帰還においても保護・援助を行った。従来難民対策としては、本国帰還、庇護国定住、第三国定住など難民の落着き先を探す「事後対応」「庇護国中心」「難民重視」策であったが、難民発生の兆候を未然に察知し、予防する方策に重点を置く新たな取組みを指向し、そのために、難民を生み出す、もしくはその可能性のある国においてもUNHCRは活動を展開することになった。[宮崎繁樹]
『国際連合難民高等弁務官事務所編『世界難民白書1995――解決をもとめて』(1996・読売新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の難民の言及

【人口】より

…1970年代においては,中東産油国への大量の石油産業関係労務者の移動が行われたが,最近における石油事情悪化のため,失業,帰国といった苦境に追いこまれている。さらに,メキシコからアメリカに流入する非合法移民あるいはまた難民といった特殊な〈移民〉の問題がある。とくに,国際難民とよばれる特殊な国際移民は,1981年の初めに1400万人に達したと推計され,深刻な国際問題となっている。…

※「難民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

難民の関連キーワードレバノンのパレスチナ難民インドシナ難民と神奈川県難民の地位に関する条約インドシナ難民国際会議難民審査参与員制度日本の難民受け入れネットカフェ難民ニューヨーク宣言ボートピープルランドピープル日本の難民認定パレスチナ難民難民定住の枠アフリカ難民国連難民条約イランの難民ネカフェ難民難民選手団入管難民法レフュジー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

難民の関連情報