樹立(読み)じゅりつ

精選版 日本国語大辞典「樹立」の解説

じゅ‐りつ【樹立】

〘名〙
① 物事がしっかりと定まること。組織、計画などがまとまること。ひとりだちすること。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「苟も能く自ら助る健旺の精神を発せば、必ず自ら樹立することを得べし」
② 物事を、ぐらつかないようにしっかりと定めること。確立。
※草枕(1906)〈夏目漱石〉六「其物になり済ました時に、我を樹立(ジュリツ)すべき余地は茫茫たる大地を極めても見出し得ぬ」 〔司馬遷‐報任安書〕
③ 助けてもりたてること。〔魏志‐明帝紀注〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「樹立」の解説

じゅ‐りつ【樹立】

[名](スル)しっかりと立つこと。また、しっかりとうちたてること。「世界新記録を樹立する」「国交樹立
交配によって新品種を出すること。
生体から単離した細胞遺伝子などに何らかの手を加えた細胞を安定的に培養し、医学生物学の研究に利用できる状態にすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android