コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒイロタケ(緋色茸) ヒイロタケTrametes sanguinea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒイロタケ(緋色茸)
ヒイロタケ
Trametes sanguinea

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。広葉樹枯れ枝などにつく。傘は柄を欠き半円形ないし扇形をしており,直径3~10cm。革質またはコルク質で肉が薄く,厚さは3~5mmほどである。色は鮮かな緋色でシュタケに似ている。この菌は熱帯系のもので,熱帯から温帯にかけて広く分布する。有用木材に白腐れを起す有害菌である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒイロタケ【ヒイロタケ(緋色茸) Pycnoporus coccineus (Fr.) Karst.】

枯木や土木用材に生ずる深紅,コルク質の担子菌類サルノコシカケ科のキノコ。アジアの大陸部や東南アジア,オーストラリアに分布し,材の白腐れを起こす。大きさは10cmに及ぶ。高温(30~35℃)と日当りのよい所を好む。培養菌糸は最初白色であるが,のち緋色となり,分生子を多量に生ずる。ヨーロッパ,北アメリカ北部,日本の温帯林にはごく近似のシュタケが分布するが,性因子検定を行い同定する。【青島 清雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android