コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒイロタケ(緋色茸) ヒイロタケ Trametes sanguinea

2件 の用語解説(ヒイロタケ(緋色茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒイロタケ(緋色茸)
ヒイロタケ
Trametes sanguinea

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。広葉樹枯れ枝などにつく。傘は柄を欠き半円形ないし扇形をしており,直径3~10cm。革質またはコルク質で肉が薄く,厚さは3~5mmほどである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヒイロタケ【ヒイロタケ(緋色茸) Pycnoporus coccineus (Fr.) Karst.】

枯木や土木用材に生ずる深紅,コルク質の担子菌類サルノコシカケ科のキノコアジアの大陸部や東南アジアオーストラリアに分布し,材の白腐れを起こす。大きさは10cmに及ぶ。高温(30~35℃)と日当りのよい所を好む。培養菌糸は最初白色であるが,のち緋色となり,分生子を多量に生ずる。ヨーロッパ北アメリカ北部,日本の温帯林にはごく近似のシュタケが分布するが,性因子検定を行い同定する。【青島 清雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒイロタケ(緋色茸)の関連キーワードコルク組織アメリカ杉枯木コルク樫コルク形成層生ずる軟鋼コルク化コルク草履エネルギー-タンパク質欠乏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone