コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒイロタケ(緋色茸) ヒイロタケTrametes sanguinea

2件 の用語解説(ヒイロタケ(緋色茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒイロタケ(緋色茸)
ヒイロタケ
Trametes sanguinea

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。広葉樹枯れ枝などにつく。傘は柄を欠き半円形ないし扇形をしており,直径3~10cm。革質またはコルク質で肉が薄く,厚さは3~5mmほどである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒイロタケ【ヒイロタケ(緋色茸) Pycnoporus coccineus (Fr.) Karst.】

枯木や土木用材に生ずる深紅,コルク質の担子菌類サルノコシカケ科のキノコアジアの大陸部や東南アジアオーストラリアに分布し,材の白腐れを起こす。大きさは10cmに及ぶ。高温(30~35℃)と日当りのよい所を好む。培養菌糸は最初白色であるが,のち緋色となり,分生子を多量に生ずる。ヨーロッパ北アメリカ北部,日本の温帯林にはごく近似のシュタケが分布するが,性因子検定を行い同定する。【青島 清雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone