コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緋色 ひいろ

色名がわかる辞典の解説

ひいろ【緋色】

色名の一つ。やや黄色みのある鮮やかなで、平安時代から用いられた伝統色名。『延喜式えんぎしき』ではあかね紫根しこんで染めた色を深こき緋とし、に次ぐ官位に用いた。その次の官位が茜だけで染めた浅うす緋となる。また茜染の薄い色をそひといい、これは浅緋よりも下の官位に用いられた。一方、茜だけで染めた色には茜色もある。JISの色彩規格ではこの茜色を「こい赤」とし、色は採用していない。一般的に、それぞれを区別する場合は茜色を「やや暗い赤」のイメージ、緋色を「鮮やかな赤」のイメージとする。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひ‐いろ【×緋色】

濃く明るい赤色。深紅色。緋。
銅器につける赤く鮮やかな鳶(とび)色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひいろ【緋色】

深紅色。スカーレット。あけ。
銅器につける鮮やかな鳶とび色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緋色
ひいろ

色名の一つ。赤の濃い色。「あけ」ともいわれる。茜(あかね)で染めた濃い赤で、『延喜式(えんぎしき)』によると、深(ふか)緋は茜と紫根(しこん)、浅(あさ)緋は茜で染めるとしている。近世以降、紅(くれない)染めの黄色みのある鮮やかな赤を火色(ひいろ)の赤と混同して、緋とよぶようになった。そこでこれを古代の緋に対して、紅緋(べにひ)ともいっている。また、中国の伝説にある酒好きの猩々(しょうじょう)の顔色から、黒みを帯びた鮮やかな赤を猩々緋とよんだ。古代に、位を示す服色の当色(とうじき)として、孝徳(こうとく)天皇の大化(たいか)3年(647)に錦位(きんい)を真緋(あけ)と定め、持統(じとう)天皇の4年(690)に直位(じきい)を緋とした。また、養老(ようろう)の衣服令(りょう)で、四位が深緋、五位が浅緋とした。平安時代になると、深浅の区別がなくなり、四、五位の者は深緋を用いたが、後期以降、四位は黒を用い、五位のみ緋を用いた。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

緋色の関連キーワードベニナギナタタケ(紅長刀茸)ベニゴウカン(紅合歓)トーマス クック染め出す・染出すファイアレッドスカーレット緋の蕪漬け三輪隆博緋の装束寺依沙織藤野泰子サルビア緋鹿の子愛の重さ永野善一ドイル朱・緋有里湖緋文字萩原萠

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

緋色の関連情報