コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒグロマイシン hygromycin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒグロマイシン
hygromycin

(1) ヒグロマイシンA  C23H29NO12 。放線菌の一種 Streptomyces hygroscopicusの産生する抗生物質。非結晶性の白色粉末。水やアルコールに可溶,ベンゼンには不溶。広い抗菌性スペクトルを示す。 (2) ヒグロマイシンB  C15H28N2O10S.hygroscopicusの産生する抗菌性物質。非結晶性で 160~180℃で分解。溶解性はAとほぼ同じ。家畜の駆虫剤となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android