コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駆虫剤 くちゅうざいanthelmintics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駆虫剤
くちゅうざい
anthelmintics

体内寄生虫を取除く薬の総称。 (1) 回虫駆除薬 サントニンが古くから賞用され,合成薬では,ヘキシルレゾルシンがある。 (2) 条虫駆除薬 メンマエキス,ザクロ皮。 (3) 十二指腸虫駆除薬 チモールヘノポジ油。 (4) 蟯虫駆除薬 ブトランがある。程度の差はあるが,いずれも毒性があるので,使用には細心の注意が必要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くちゅう‐ざい【駆虫剤】

駆虫薬

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

駆虫剤の関連キーワードジエチルカルバマジン寄生虫病の最近の動向アメリカアリタソウマーロン ブランド武田薬品工業(株)えばらハーブ豚未来シクンシ(使君子)センダン(栴檀)ビンロウ(檳榔)ビャクブ(百部)タイミンタチバナヒグロマイシンザクロ(石榴)日本住血吸虫症ヒカゲノカズラエーロゾル剤ビチオノールヨモギギクユーカリ油アニソール

駆虫剤の関連情報