コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒダナシタケ目 ヒダナシタケもくAphyllophorales

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒダナシタケ目
ヒダナシタケもく
Aphyllophorales

サルノコシカケ目 Polyporalesと称することもある。担子菌類のキノコを形成するもののうち,子実層が子実体の組織内に生じてからのちに外に現れるマツタケ目に対して,子実層ができはじめから空中に裸出しているところにつくられる仲間をいう目である。ホウキタケ,コウヤクタケ,ハリタケ,サルノコシカケなどが含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒダナシタケ目の関連キーワードコフキサルノコシカケ(粉吹猿腰掛)ムラサキナギナタタケ(紫長刀茸)ベニナギナタタケ(紅長刀茸)ムラサキホウキタケ(紫箒茸)シロソウメンタケ(白素麺茸)マンネンハリタケ(万年針茸)コガネホウキタケ(黄金箒茸)ジョウゴハリタケ(漏斗針茸)キソウメンタケ(黄素麺茸)スミレウロコタケ(菫鱗茸)サンゴハリタケ(珊瑚針茸)サルノコシカケ(猿の腰掛)スリコギタケ(摺子木茸)ハナホウキタケ(花箒茸)カタウロコタケ(堅鱗茸)モチビョウキン(餅病菌)コウヤクタケ(膏薬茸)アミヒラタケ(網平茸)ナギナタタケ(薙刀茸)オツネンタケ(越年茸)

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android