コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒッチヒ Hitzig, Julius Eduard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒッチヒ
Hitzig, Julius Eduard

[生]1838.2.6. ベルリン
[没]1907.8.20. セントブラシェン
ドイツの神経生理学者。父は建築家として高名であった。ベルリン,ウュルツブルク両大学で医学を学び,E.デュ・ボア=レイモン,R.ウィルヒョーに師事。ベルリンで開業ののち,1875年チューリヒ大学精神医学教授,ハレ大学教授,ハレの精神病院院長などをつとめた。 70年,G.Th.フリッチュとともに大脳の各部分の間で機能の分担が行われていることを実証し,大脳生理学発達の礎石をおいた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒッチヒの関連キーワードウュルツブルクレイモン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android