ヒトゲノム国際機構(読み)ヒトゲノムコクサイキコウ

デジタル大辞泉「ヒトゲノム国際機構」の解説

ひとゲノム‐こくさいきこう【ヒトゲノム国際機構】

ヒトゲノム計画に携わる研究者で構成される国際組織。50か国以上、1000人以上の研究者が参加。ヒトゲノム解読後も、ヒトゲノムの地図作成やヒトゲノム解読の持つ倫理社会的問題などに対応している。米国、ヨーロッパ、アジア太平洋に地域オフィスを持つ。1989年設立。ヒトゲノム解析機構。HUGO(ヒューゴ)(Human Genome Organization)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android