コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参加 さんか Interrention

4件 の用語解説(参加の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

参加
さんか
Interrention

ある法律関係当事者以外の第三者が加入すること。 (1) 手形法上,参加とは遡求原因が生じたとき,特定の遡求義務者に対する遡求を阻止するために,支払人以外の者が手形関係に加入し,引き受け (参加引受) または支払い (参加支払い) をすること。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さん‐か【参加】

[名](スル)
ある目的をもつ集まりに一員として加わり、行動をともにすること。「討論に参加する」「参加者」
法律上の関係または訴訟に当事者以外の者が加わること。「訴訟参加

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんか【参加】

( 名 ) スル
会や団体など目的をもつ集まりの一員になること。行動をともにすること。 「平和運動に-する」
〘法〙 ある法律関係に当事者以外の者が関与すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

参加
さんか
participation

参加とは政治的意味で使用されるとき、次のようになる。普通平等参政権が一般化するプロセスの下で、国民の政治への参加が重要な意味をもってくる。議会政治が確立され、政党政治が定着するなかで、市民の政治参加の要求は高まり、とくに、第二次世界大戦後の世界において、その力を増してきた。参加民主主義という概念は、議会デモクラシーという今日的政治システムにおいては重要なものであり、政治の主役となった一般国民大衆の重さを示すものでもある。とくに、今日その存在感が強まったのは、政党政治が空洞化し、議会がその本来的機能を失ってきたとき、圧力政治という政治の本質から、圧力団体利益団体とともに、市民の参加が拡大したからである。圧力団体や利益団体の政治への参加は、圧力となり、政治が一部の団体の私的要求でゆがめられる形となる。その弊害は、政党の無力化とともに、今日の大きな問題点となっている。これに対し、国民が政治に参加し、そのニーズ(要求)を政治の場で表明し、具体的な政策として実現してゆく方法は、議会や政党や利益団体などの政治への参加による。日本においては、1960年(昭和35)の反安保の市民運動や、公害反対運動、そしてベトナム反戦運動などがその例とされる。一方で、自民党個人後援会なども、ある意味で参加の政治であり、大きな意味をもつ。アメリカでは、コモンコーズなどの組織が有名であり、ドイツ緑の党などさまざまな方法で、政治にまた議会に自らの代表を送って、参加民主主義を具現化しているのが今日的傾向である。[福岡政行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の参加の言及

【訴訟参加】より

…他人間に係属する訴訟手続に第三者(参加人)が訴訟行為をなすために加入すること。
【民事訴訟】
 参加とは,自己の名においてその利益を守るために(代理と異なる),他人間の訴訟手続で訴訟行為をなすために(この点,証人や鑑定人と異なる),自己のイニシアティブで(この点,当事者の申立てによる訴訟引受けと異なる)行われる。…

※「参加」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

参加の関連キーワードカーポート集まり営利会同集会巡見隊長多目的団体集う

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

参加の関連情報