コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒベルティア Hibbertia serpyllifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒベルティア
Hibbertia serpyllifolia

ディレニア (ビワモドキ) 科の1属名でマダガスカルニューギニア,オーストラリア,ニューカレドニア,フィジーに約 100種が分布するが,一般にはオーストラリア原産のヒベルティア・セルフィリフォリアをさし,鉢植えで流通する。常緑低木で,直径約 2cmの黄色い5弁花をつける。扇形の花弁が特徴的。葉は全縁で互生する。枝はやや匍匐するように伸び広がる。水はけと日当りのよい環境で育て,梅雨時には直接雨に当てないよう軒下などで管理する。冬期は明るい室内で5℃以上に保つようにする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android