コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒベルティア ヒベルティアHibbertia serpyllifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒベルティア
Hibbertia serpyllifolia

ディレニア (ビワモドキ) 科の1属名でマダガスカルニューギニア,オーストラリア,ニューカレドニア,フィジーに約 100種が分布するが,一般にはオーストラリア原産のヒベルティア・セルフィリフォリアをさし,鉢植えで流通する。常緑低木で,直径約 2cmの黄色い5弁花をつける。扇形の花弁が特徴的。葉は全縁で互生する。枝はやや匍匐するように伸び広がる。水はけと日当りのよい環境で育て,梅雨時には直接雨に当てないよう軒下などで管理する。冬期は明るい室内で5℃以上に保つようにする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android